読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 漫画 1巻 感想とネタバレ

かつて魔界の軍勢が人間界に押し寄せた戦において、
人類を勝利に導いた武器・神誨魔械(しんかいまかい)。
戦の後、数多(あまた)の神誨魔械は各地の護印師(ごいんし)によって守護されてきた。
しかし、護印師の丹衡(たんこう)・丹翡(たんひ)兄妹によって守られてきた最強の宝具・天刑劍(てんぎょうけん)が、
今まさに蔑天骸(べつてんがい)率いる悪の手に落ちようとしていた。
蔑天骸の追っ手から逃れる途中、丹翡は、凜雪鴉(りんせつあ)・殤不患(しょうふかん)と出会う。
奇縁に導かれし3人の行く末や、如何(いか)に!?

TOKYO MXで話題沸騰の王道武侠ファンタジー『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』が、早くも漫画化! モーニング初登場の虚淵玄を原案に迎え、漫画を描くは『コンプレックス・エイジ』の佐久間結衣!!
漫画版でしか見ることのできないキャラクターの表情をはじめ、オリジナル要素満載です!!

原案:虚淵玄 漫画:佐久間結衣

※基本的にネタバレが含まれるため、続きを読む際はご注意ください。

この第1巻には全部で7話収録されています。

原作である布袋劇で言えば、第1~3話の冒頭部分までになります。


無双の力を発揮する武器、「神誨魔械[しんかいまかい]」。

数多の神誨魔械は「護印師[ごいんし]」らによって長く守られてきたが、

その中でも最強の武器、「天刑劍[てんぎょうけん]」を代々護る兄妹がいた。

その名は「丹衡(タンコウ)」、「丹翡(タンヒ)」。

天刑劍は刃・鍔・柄の3つに分けて封印されていたが、ある時兄妹は「蔑天骸(ベツテンガイ)」なる悪漢率いる徒党「玄鬼宗[げんきしゅう]」に襲われ、丹衡は命を落とし柄を奪われてしまう。

丹翡は偶然にも「凜雪鴉(リンセツア)」、「殤不患(ショウフカン)」の両名と出会い、その助けを得ることとなる。

丹翡が守る天刑劍の鍔を奪おうと襲い来る「獵魅(リョウミ)」と玄鬼宗郎党達。

雨傘の義理を果たす為丹翡を助けたは、彼等から「お尋ね者」として手配されてしまう。

成り行き上、再び玄鬼宗と対峙するの前に、「狩雲霄(シュウンショウ)」と「捲殘雲(ケンサンウン)」二人の男が姿を現し助太刀した。

狩雲霄凜雪鴉とは古い馴染みであり、捲殘雲はその舎弟で彼の頼みにより仲間に加わるところまでを描いています。

感想


基本的には布袋劇に忠実にコミカライズされています。

人形劇では見れなかった表情や、心情が分かり易く伝わって来まし、布袋劇は展開が早いため、関係性など解らなくなりがちなのですが。

漫画は流れるように読めて尺の都合で割愛されたシーンや、細かい日常シーンなどを挿入している為、本編を上手く補完できています。

ただ漫画である以上、布袋劇に比べて迫力やスピード感はやや落ちる感じになってると思います。

絵柄は細部まで描かれていますが、作者の癖なのか特に蔑天骸がたれ目なのには少し違和感を感じました。

また巻末には原案者である虚淵玄氏と佐久間結衣氏との特別対談も収録されています。

記事タイトルPPAPを超える海外人気?「チキン・アタック」~鶏攻撃の術~が話題に!!

ここ数日、中国のソーシャルメディアで大人気となっている1本のMV(https://www.youtube.com/watch?v=miomuSGoPzI)。その名も「Chiken Attack(チキン・アタック)」。日本語が飛び交ったり、忍者が登場したりしているため、一部のネットユーザーは「日本のアーティストのMV」と勘違いしているようだ。

「Chiken Attack(チキン・アタック)」と題されたこのMVは、1月25日にYouTubeで公開された。日本語で「鶏攻撃の術」と紹介されているMVは、盗みを働いた忍者が屋敷から逃げ出すシーンから始まる。すると、鶏を抱えた白髪の紳士(東洋人)が忍者の前に現れ、日本語で「それを返せ。さもないと後悔するぞ!」と叫ぶ。忍者が「お前一人に何ができる!?」と挑発すると、紳士は「誰が一人といった?」と返すとともに甲高い声で突然歌を唄い始めるというものだ。

そしてここにきてはじめて「Chiken Attack(チキン・アタック)」というタイトルの意味が判明する。紳士が抱えていた鶏が突然人型のチキン・ヒーローに変身し、忍者とバトルを繰り広げるのだ。設定上、紳士はありとあらゆる動物を操れるらしく、紳士の歌(命令?)で鶏はチキン・ヒーローに変身した様子。歌のサビは「Go chiken go!」で、最後にはチキン・ヒーローの強さに忍者は降参。紳士は忍者に鶏を差し出し、「卵を今夜のディナーにしなさい」「もう盗みなんかするんじゃないよ」と優しいメッセージを残して終了する。

何ともくだらないストーリー、楽曲に思えなくもないが、このMVがYouTubeで公開されるや否や、中国のソーシャルメディアにも次々と転載されていき、「もう洗脳された」「PPAPの次はこれだ!」「今日見るの5回目」などと中毒症状を訴える声が続出。同MVを紹介したある投稿には1万近いコメントとともに、2万近い「いいね!」がつくほどの人気ぶりとなっている。

気になるのはこのMVを制作したアーティスト。なぜか中国のソーシャルメディアでは日本のアーティストと勘違いされているようだが、実はアメリカ出身のバンド「グレゴリー・ブラザーズ」のMVで、同バンドはこれまでにもさまざまな国を訪れてはイメージMVを制作している。また、米大統領選のパロディ映像を制作したり、ホットなニュース映像に曲を乗せて動画を作成したりといった活動をしているアーティストだ。

元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20170142039.html

評判



一体このおじさんは何者なのかというと、実はドイツでは名の知れた日本人ヨーデル歌手・石井健雄さん。いや〜ロだからあんなに歌うまいのですね。石井さんはドイツでラジオ番組やテレビ番組にも数多く出演していて、ドイツで一番有名な日本人と言っても過言ではないそうなのです。

花粉症対策マスク おすすめ人気ランキング

花粉症対策にマスクを考えている方や、実際にもう使用されている方も多いと思いますが、そこで花粉症対策の主力であるマスクの中でも。

特に評判の良いおすすめのマスクをランキング形式でご紹介しますので、
マスク選びの参考にしてみて下さい。

 

おすすめマスクランキング 

第1位:三次元高密着マスク

顔に密着して隙間を作らない三次元加工のマスクです。密着感を損なわないように、サイズ展開が豊富な点も特徴であり、男性用女性用はもちろん、「少し大きめ」など細かなサイズ展開が特徴です。

この密着感の高さから非常に「メガネが曇りにくい」マスクとしても有名であり、メガネをかけている人に特におすすめの快適なマスクです。また、マスク自体の機能性も非常に高く、花粉症対策としても十分な機能を有しているマスクです。付け心地も問題ないので、花粉症が長く続く方にもおすすめマスクです。

第2位:プリーツガード

1枚換算10円以下の価格で手に入るプリーツマスクであり、鼻部分にワイヤーが入っているのでフィット感もあります。もちろんフィット感には個人差がありますが、他のマスクと比較しても遜色なく、正しい付け方をすれば十分に花粉対策として機能するマスクです。

特にコストパフォーマンスを重視する人には特におすすめのマスクです。

第3位:超快適マスク

その名の通り、長時間付けても耳が痛くならない快適なマスクです。超快適マスクはプリーツ型のマスクであり、耳にかける耳ヒモ部分に特徴があります。耳ヒモ部分は紙おむつ「ムーニーパンツ」に使われている伸縮性の高いソフトレッチが使用されており、柔らかくて長時間の使用もちろん密着感にも優れており、隙間を作りにくいマスクでもあります。花粉症の時期に外に出ることが多く、長時間の使用でも耳が痛くなく、快適に過ごせるマスクをお探しの方に特におすすめの花粉症対策マスクです。でも耳が痛くなりません。

第4位:快適ガードさわやかマスク

非常にバランスに優れたマスクであり、コスパにもすぐ入れているので長期間花粉対策が必要な人にもおすすめなマスクです。

マスクのフィット感も評判が良く、ワイヤーによる鼻への密着感の高さと、隙間の空きやすいサイドの密着加工によって隙間が生まれにくいマスクです。ゴム紐も柔らかくて幅広なので、耳が痛くなりにくいのも魅力な、おすすめの花粉対策マスクです。

第5位:超立体マスク

花粉を99.9%除去してくれる超高性能なマスクです。
とにかく花粉を吸い込みたくないという方はこちらのマスクはとてもお勧めです。
医療用として現場でも使われているので性能の素晴らしさは折り紙つきと言えますが、
顔の凹凸にフィットするので、人によっては息苦しさを感じる場合もあるようです

 

仕事などでマスクが付けらいない方には

ノーズマスクピット

鼻の穴に挿入するタイプの花粉用マスクです。鼻の穴にぴったりとフィットするので、花粉の侵入を防ぐことが出来るようです。ただ、ネットの反応を見ると、少し力強く押し込まないと入らない時があったり、鼻の穴の形状によっては、装着後に違和感を感じる方もいるようです。

慣れれば平気らしいのですが、慣れるまで時間がかかる人もいるようです。

装着後は顔を覗き込まない限り付けている事が分からないようで、相手にからは見えないようです。

彼氏や彼女の前でもバレないならバレばれても良いという覚悟の元、勇気のある方は装着してデートするのもアリかもしれません。

 

花粉症対策グッズ おすすめ人気ランキング

花粉症の対策をしなければならない季節がやってきました。

毎年いろいろ試してみている人も多いのではないでしょうか?

そこでネットで調べた、花粉症を防ぐ、改善することのできる、おすすめグッズをご紹介します。

 

超立体マスク

花粉症対策として最も効果的で手軽なマスク。ユニチャームはその草分け的存在として高い人気を誇っている。最近では、多くのメーカーから花粉症対策用マスクが発売されており、花粉の遮断力や顔に隙間なくフィットする形状などが大きなウリになっている。
中でもコストパフォーマンスから多くの花粉症ユーザーに選ばれているのがこの超立体マスク。「花粉用」は1枚当り30円以下という使い捨てできる価格が魅力。さらに「花粉用Super」(1枚当たり約50円)は、ノーズフィット機能を付加し、これまでの弱点を克服した。サイズは3タイプあり、顔にピッタリフィットするので花粉をしっかりブロックしてくれる。マスクなのにあまり息苦しくない点や耳かけ部分が痛くないなどの工夫もありがたい。ただ難点は、マスクの素材自体が持つ花粉の遮断力がそれほど強力ではない点。ぜひ改善を期待したい。

 

アレルシャット 花粉 鼻でブロック30日分

鼻の入り口にクリーム状の当製品を塗ることで花粉をブロックしてくれる新しいタイプの花粉症対策グッズ。シーズンになり、花粉の量が増えるとともに人気も急上昇している。香料・着色料・保存料を使用しておらず、医薬品ではないので安心して利用できる。一度塗ると4時間程度持続し、1日に3~5回を目安に使用。特別な事情でマスクや飲み薬を利用できないときにはかなり役に立つが、重度の花粉症にはマスクとの併用が欠かせないよう。製品価格は1,500円前後とマスクに比べ若干高いのがネックだが、TPOに合わせて利用すれば価格分の効果はある。

 

 ノーズマスクピット

鼻に優しく差し込むだけの、簡単で目立たない鼻のマスクで、花粉・粉塵・黄砂・ほこりなどの侵入を99.9%防ぐ画期的な商品。

慣れれば平気らしいのですが、慣れるまで時間がかかる人もいるようです。